コミュ障(コミュニケーション障害)診断・改善

同僚と交際をとらない

 コミュ障の方は、同僚との会話や職場の飲み会などを嫌がります。周囲との対話を好まず、ひとりで悩みがちです。思い込みが激しくなって、言動が不安定になり、周りを混乱させることに繋がります。仕事に集中できなくなったり、同僚を疑って問題を起こしたりすることもあります。周りと会話をしないと、自分だけの世界に閉じこもり、妄想や幻覚に悩まされていきます。このような症状は自覚がないことが多いのも問題です。

治し方のヒント

 人を疑いがちになったり、自分の世界に閉じこもったり、そういった態度を繰り返すような人は、統合失調症の傾向にあると考えられます。情緒不安定であったり、一貫性がないと思われがちです。
 統合失調症の人は、脳の働きに乱れがあると考えられています。情報伝達物質ドーパミンの過剰分泌や、セロトニンの不足などにより、脳の情報伝達機能に異常が起こっています。不安を感じやすかったり、情報過多で精神が混乱してしまいがちです。
 症状が重い場合は、医療機関で診断を受けましょう。症状にあった薬を処方してもらい、服用してまずは症状を抑えましょう。感情が落ち着き、冷静になって休養もとれるようになるでしょう。復帰後は徐々に仕事に慣れていくようにしましょう。

つきあい方のヒント

 一見、自分勝手に見えますが、本人は悪いと思っていません。非難ではなく、理解が必要です。「なぜ疑うのですか」「早く良くなってください」など、原因を探ったり、休養を焦らせるような言葉は禁物です。
 また、本人の休養明けには、徐々に仕事に復帰できるよう、手助けをしてあげましょう。

 

 

コミュ障症状「同僚と交際をとらない」関連ページ

コミュ障症状「人の気持ちが読み取れない」
コミュ障症状「言葉の裏にある意味を読み取れない」
コミュ障症状「大きな声や否定的な言動に強い拒否反応を示す」
コミュ障症状「省略した言葉使いを理解できない」
コミュ障の症状を紹介します。
コミュ障症状「その場に応じた行動ができない」
コミュ障症状「会話相手の表情を読み取れない」
コミュ障症状「人と目を合わせない」
コミュ障症状「自分に興味があることになると話が止まらなくなる」
コミュ障症状「同じ人を理想化したりこきおろしたり、極端な感情の動きを見せる」
コミュ障症状「些細な事で口論になる」
コミュ障症状「外出が億劫で仕方ない」
コミュ障症状「自分にとって嫌な環境や状況において、口数が少なくなる」
コミュ障症状「権威のありそうな人に意見を言えない」
コミュ障症状「人と接する仕事ができない」
コンピュータに向かう仕事とが多いと、コミュニケーションの欠如が問題になってきます。
コミュ障症状「人とすれ違うのが怖い」
コミュ障症状「過去に受けた嫌なことを忘れられない」
コミュ障の症状には、過去に受けた嫌なことをいつまでも忘れられないというものがあります。ずっと恨みや悔しさが晴れず、一人悶々とします。
コミュ障症状「自己肯定感が低い」
コミュ障の症状には、自己肯定感が低いというものがあります。
コミュ障症状「ストレスがたまり、体を壊す」
コミュ障の人はストレスがたまりやすいです。上手にストレス発散しないと体を壊しかねません。
コミュ障症状「身だしなみを気にしなくなる」
コミュ障の人は人と会わないので、自然と身だしなみに気を使わなくなります。
コミュ障症状「生活リズムが乱れる」
コミュ障の人は引きこもりがちになるので、生活のリズムが乱れます。
コミュ障症状「話す機会がなくなる」
コミュ障の人は引きこもりがちになるので、誰ともしゃべらない日が当たり前になってきます。
コミュ障症状「予定があると不安でたまらなくなる」
コミュ障の人は何か予定があるとそれが終わるまで不安でたまらなくなります。
コミュ障症状「社会的に孤立する」
コミュ障の人は社会的に孤立しやすいです。社会的孤立のサインとリスクを紹介します。
"コミュハラ"に悩まされる
コミュ障の人は時として、会話を強制される”コミュハラ”(コミュニケーションハラスメント)に悩まされます。コミュハラが常態化すると、コミュ障の人は逃げ場のない状況に追い込まれていきます。
コミュ障症状「仕事に支障が出る」
コミュ障の方は、その症状のために、人間関係が気まずくなり、仕事に支障がでることも少なくありません。そんな経験をした方の体験談を紹介します。
コミュ障症状「初対面の人と話せるが距離感を上手くつかめない」
コミュ障の方の中には、初対面の人とはわりと話せるという方がいます。しかし、距離感を上手くつかめず、良いコミュニケーションができないことが多いようです。そんな経験をした方の体験談を紹介します。