カフカの名言に学ぶコミュ障の在り方

劣等生と決めつけられた

カフカの言葉

僕は同級生の間では馬鹿でとおっていた。
何人かの教師からは劣等生と決めつけられ、両親と僕は何度も面と向かって、その判定を下された。
極端な判決を下すことで、人を支配したような気になる連中なのだ。
馬鹿だという評判は、みんなからそう信じられ、証拠まで取り揃えられていた。
これには腹が立ち、泣きもした。
自身を失い、将来にも絶望した。
そのときの僕は、舞台の上で立ちすくんでしまった俳優のようだった。

 

 人間誰しも一方的に評価されるのは嫌なものです。内容によっては腹が立ち、泣きたくなることもあります。不当に評価され続ければ、人間不信に陥り、引きこもりたくなります。でも、カフカはそんな人を支配したような気分になっているのを見透かしてもいるのです。そんなことで悦に浸っているような人はネットにもたくさんいたりしますね。

 

参考文献:絶望名人カフカの人生論

 

 

劣等生と決めつけられた関連ページ

いちばんうまくできること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
共通していること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
あらゆることが不安になる
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
頑張りたくても頑張れない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
人と付き合うことの圧迫感
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
ひとりでいれば何も起こらない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
地下室の一番奥の部屋で暮らしたい
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
死んでもどうにもならない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。