カフカの名言に学ぶコミュ障の在り方

死んでもどうにもならない

カフカの言葉

死にたいという願望がある。
そういうとき、この人生は耐え難く、別の人生は手が届かないようにみえる。
嫌でたまらない古い独房から、
いずれ嫌になるにきまっている新しい独房へ、
なんとか移してほしいと懇願する。

 

 死にたいと思うことは誰でも一度はあると思います。そんな時はたいがい他の人の人生を羨ましく思っていたりするものです。
 カフカは他の人生を歩んでも、古い独房か新しい独房かの違いで、結局同じように嫌になると言っています。とても絶望的な考え方ではありますが、暗に死んでもどうにもならないよと教えてくれているようです。別の人生を歩んでもどの道苦労するものです。
 ちなみにカフカは自殺をしようとしたことは一度もありません。

 

参考文献:絶望名人カフカの人生論

 

 

死んでもどうにもならない関連ページ

いちばんうまくできること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
共通していること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
あらゆることが不安になる
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
頑張りたくても頑張れない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
人と付き合うことの圧迫感
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
ひとりでいれば何も起こらない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
地下室の一番奥の部屋で暮らしたい
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
劣等生と決めつけられた
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。