カフカの名言に学ぶコミュ障の在り方

頑張りたくても頑張れない

カフカの言葉

僕はいつだって、決してなまけ者ではなかったと思うのですが、
何かしようにも、これまではやることがなかったのです。
そして、生きがいを感じたことでは、
非難され、けなされ、叩きのめされました。
どこかに逃げだそうにも、それは僕にとって、
全力を尽くしても、とうてい達成できないことでした。

 

 いわゆるニートや引きこもりの方の中にも、同じような思いをしている人もいるとでしょう。
 あのカフカでさえこのような思いをしているのです。
 今はうまくいってなくても、大成を信じて、できることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献:絶望名人カフカの人生論

 

 

頑張りたくても頑張れない関連ページ

いちばんうまくできること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
共通していること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
あらゆることが不安になる
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
人と付き合うことの圧迫感
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
ひとりでいれば何も起こらない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
地下室の一番奥の部屋で暮らしたい
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
死んでもどうにもならない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
劣等生と決めつけられた
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。