カフカの名言に学ぶコミュ障の在り方

ひとりでいれば何も起こらない

カフカの言葉

僕はひとりで部屋にいなければならない。
床の上に寝ていればベッドから落ちることがないのと同じように、
ひとりでいれば何も起こらない。

 

 床で寝ればベッドから落ちる心配はありません。そのかわり、ベッドで寝る心地よさは味わえません。
 引きこもっていれば、傷つくことはないでしょう。そのかわり良いことも起こりません。人生はあっという間です。

 

参考文献:絶望名人カフカの人生論

 

 

ひとりでいれば何も起こらない関連ページ

いちばんうまくできること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
共通していること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
あらゆることが不安になる
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
頑張りたくても頑張れない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
人と付き合うことの圧迫感
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
地下室の一番奥の部屋で暮らしたい
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
死んでもどうにもならない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
劣等生と決めつけられた
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。