カフカの名言に学ぶコミュ障の在り方

あらゆることが不安になる

カフカの言葉

ミルクのコップを口のところに持ちあげるのさえ怖くなります。
そのコップが、眼の前で砕け散り、破片が顔に飛んでくることも、起きないとは限らないからです。

 

 コミュ障の人の中には、人との会話だけでなく、あらゆることが怖くなるという人がいます。
 「事故に遭うかもしれないから外出できない」「すれ違いざまに殴られるかもしれない」「空が落ちてくる」など、あらゆることに対して不安を感じて動けなくなる方は、一般に不安障害と呼ばれる疾患の可能性もあります。
 社会生活、日常生活に支障をきたします。専門家で受診することをお勧めします。

 

参考文献:絶望名人カフカの人生論

 

 

あらゆることが不安になる関連ページ

いちばんうまくできること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
共通していること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
頑張りたくても頑張れない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
人と付き合うことの圧迫感
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
ひとりでいれば何も起こらない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
地下室の一番奥の部屋で暮らしたい
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
死んでもどうにもならない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
劣等生と決めつけられた
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。