カフカの名言に学ぶコミュ障の在り方

人と付き合うことの圧迫感

カフカの言葉

実際僕は、人と交際するということから、見放されていると思っている。
見知らぬ家で、見知らぬ人たち、
あるいは親しみを感じられない人たちの間にいると、
部屋全体が僕の胸の上にのしかかってきて、僕は身動きができない。

 

 コミュ障の典型のような言葉だと思います。
 飲み会やパーティで何も喋れません。時間がゆっくりと感じます。
 カフカの言葉のように自分のまわりの空気が重く感じる人もいるのではないでしょうか?

 

参考文献:絶望名人カフカの人生論

 

 

人と付き合うことの圧迫感関連ページ

いちばんうまくできること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
共通していること
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
あらゆることが不安になる
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
頑張りたくても頑張れない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
ひとりでいれば何も起こらない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
地下室の一番奥の部屋で暮らしたい
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
死んでもどうにもならない
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。
劣等生と決めつけられた
カフカの名言とともにコミュ障の在り方を考えてみます。