ADHD(注意欠如多動性障害)-コミュ障に関係する病気

ADHD(注意欠如多動性障害)とは

ADHDとは、Attention-Deficit Hyperactive Disorderの略で注意欠陥多動性障害と訳されます。
ADHDは主に2つのタイプに分かれます。多動性・衝動性優勢型と不注意優勢型です。

多動性・衝動性優勢型の症状
  • 落ち着きが無い
  • いつもせかせか動いている
  • よく考えずに行動に移す
不注意優勢型の症状
  • ボーとしている
  • 集中できない
  • 忘れ物が多い
  • 片付けができない

 

関連サイト→大人のADHD ※別画面で開きます

ADHDの人のコミュ障の現れ方

ADHDの人のコミュ障症状の現れ方には、次のようなものがあります。

多動性・衝動性優勢型の場合
  • 自分に興味のある話題になると話が止まらなくなる。
  • 自分が喋ることに夢中になり、人の話を聞かない。
  • ひと言多い。
  • よく話が飛ぶ。

コミュ障症状「自分に興味があることになると話が止まらなくなる」
コミュ障症状「些細な事で口論になる」

 

不注意優勢型の場合

ボーっとして人の話を聞かない。

 

 

ADHD(注意欠如多動性障害)-コミュ障に関係する病気関連ページ

アスペルガー症候群
コミュ障に関係する病気-アスペルガー症候群について説明します。
境界性パーソナリティ障害
コミュ障に関係する病気-境界性パーソナリティ障害について説明します。
パニック障害
コミュ障に関係する病気-パニック障害について説明します。
新型うつ病
コミュ障に関係する病気-新型うつ病について説明します。
うつ病
コミュ障に関係する病気-うつ病について説明します。
統合失調症
コミュ障に関係する病気-統合失調症について説明します。