パニック障害-コミュ障に関係する病気

パニック障害とは

パニック障害は、不安障害の症状の一つで、突然予期しない発作を起こす病気です。動悸や発汗、自分が死ぬのではないかと思うなどの発作が起こります。身体的にも精神的にも苦痛が起こります。

 

パニック障害の詳細(別画面で開きます)

パニック障害の人のコミュ障の現れ方

パニック障害の人のコミュ障症状の現れ方には、次のようなものがあります。

 

パニック障害の人は、広場恐怖という症状を伴うことがあります。
広場恐怖とは、外でパニック障害による発作を起こすことにより、また発作を起こすのではないかという不安が生じ、外へ出るのが苦痛になる症状です。人混みや乗り物を避けるようになります。→コミュ障症状「外に出るのが億劫で仕方ない」

 

 

パニック障害-コミュ障に関係する病気関連ページ

アスペルガー症候群
コミュ障に関係する病気-アスペルガー症候群について説明します。
ADHD(注意欠如多動性障害)
コミュ障に関係する病気-ADHD(注意欠如多動性障害)について説明します。
境界性パーソナリティ障害
コミュ障に関係する病気-境界性パーソナリティ障害について説明します。
新型うつ病
コミュ障に関係する病気-新型うつ病について説明します。
うつ病
コミュ障に関係する病気-うつ病について説明します。
統合失調症
コミュ障に関係する病気-統合失調症について説明します。