コミュ障(コミュニケーション障害)診断・改善

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、知的な遅れがないものの、次のような特性が見られる人の事を指します。

  • 社会性の欠如
  • コミュニケーション能力の欠如
  • 興味の偏りが強い

子供の頃は、「ちょっと変わった子だなぁ」で済むのですが、大人になると、人間関係がうまくいかない、社会人として相応しくない態度や行動をとってしまう、といった問題が浮き彫りになってきます。

 

例えば、子どもが「あの人の頭ツルツルだね」と言ったとしても、可愛げがあるので許されます。しかし、これを大人が言ったら大問題につながりかねません。

 

関連サイト→アスペな大人(別画面で開きます)

アスペルガー症候群の人のコミュ障の現れ方

アスペルガー症候群の人のコミュ障症状の現れ方には、次のようなものがあります。

 

 

アスペルガー症候群-コミュ障に関係する病気関連ページ

ADHD(注意欠如多動性障害)
コミュ障に関係する病気-ADHD(注意欠如多動性障害)について説明します。
境界性パーソナリティ障害
コミュ障に関係する病気-境界性パーソナリティ障害について説明します。
パニック障害
コミュ障に関係する病気-パニック障害について説明します。
新型うつ病
コミュ障に関係する病気-新型うつ病について説明します。
うつ病
コミュ障に関係する病気-うつ病について説明します。
統合失調症
コミュ障に関係する病気-統合失調症について説明します。