境界性パーソナリティ障害-コミュ障に関係する病気

境界性パーソナリティ障害とは

境界性パーソナリティ障害とは、感情が極端に振れ、人間関係が安定せず、問題行動を起こしてしまう精神疾患です。
自傷行為に及ぶなど深刻な状態になるケースも多く、社会的な問題となっています。

 

境界性パーソナリティ障害の症状
  • 激しい感情をコントロールすることができない。
  • 二極思考(善か悪か、白か黒かの思考)
  • 衝動的な行動を起こす。
  • 対人関係が安定しない。
  • 空虚感(抑うつ感、虚無感)
  • 自己同一性障害(自分がどんな人かわからないという)
  • 自傷行為

 

詳細サイト→境界性パーソナリティ障害(別画面で開きます)

境界性パーソナリティ障害の人のコミュ障の現れ方

境界性パーソナリティ障害の人のコミュ障症状の現れ方には、次のようなものがあります。

 

対人関係が不安定→コミュ障症状「同じ人を理想化したりこきおろしたり、極端な感情の動きを見せる」

 

 

境界性パーソナリティ障害-コミュ障に関係する病気関連ページ

アスペルガー症候群
コミュ障に関係する病気-アスペルガー症候群について説明します。
ADHD(注意欠如多動性障害)
コミュ障に関係する病気-ADHD(注意欠如多動性障害)について説明します。
パニック障害
コミュ障に関係する病気-パニック障害について説明します。
新型うつ病
コミュ障に関係する病気-新型うつ病について説明します。
うつ病
コミュ障に関係する病気-うつ病について説明します。
統合失調症
コミュ障に関係する病気-統合失調症について説明します。