統合失調症-コミュ障に関係する病気

統合失調症とは

 統合失調症は10代後半から30代前半といった若い世代に発症しやすい病気です。
 実際にはあり得ないことを頑なに信じる「妄想」、自分の悪口が聞こえたり、嫌な噂話が聞こえる「幻聴」が特徴的です。
 妄想や幻聴は、統合失調症の発症してまもない時期によく現れ、陽性症状と呼ばれています。
 =>統合失調症とは

統合失調症の人のコミュ障の現れ方

 統合失調症では、妄想や幻聴などの陽性症状が安定した後でも、自発性の欠如、コミュニケーション障害といった陰性症状が現れます。
 人や社会と関わることが嫌になり、引きこもりになる人もいます。

 

 

統合失調症-コミュ障に関係する病気関連ページ

アスペルガー症候群
コミュ障に関係する病気-アスペルガー症候群について説明します。
ADHD(注意欠如多動性障害)
コミュ障に関係する病気-ADHD(注意欠如多動性障害)について説明します。
境界性パーソナリティ障害
コミュ障に関係する病気-境界性パーソナリティ障害について説明します。
パニック障害
コミュ障に関係する病気-パニック障害について説明します。
新型うつ病
コミュ障に関係する病気-新型うつ病について説明します。
うつ病
コミュ障に関係する病気-うつ病について説明します。