アドラーの名言に学ぶコミュ障の克服

人は過去に縛られない

アドラーの言葉

人は過去に縛られているわけではない。

あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。

過去の原因は解説にはなっても解決にはならないだろう。

 

 アドラーは目的論を唱えました。すなわち、人は遺伝や育った環境、過去に起こった出来事によって現在の行動が決まるわけではない。未来への目的のために行動を選択できるものであると。
 コミュ障の方は過去に受けた「トラウマ」のようなものに縛られがちです。アドラーはこのトラウマによる現在の行動の縛りを否定しています。過去を変えることはできません。過去に辛いことがあっても、自分の意志で目的を決め、行動を選び直せばいいことです。

 

参考文献:アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

 

 

人は過去に縛られない関連ページ

あなたが人生を困難にしている
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。
これからの人生を決めるのはあなただ
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。
育った環境はただの材料
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。
劣等感は誰でも持っている
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。