アドラーの名言に学ぶコミュ障の克服

劣等感は誰でも持っている

アドラーの言葉

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。
しかし、劣等感をバネに偉業を成し遂げた者も数知れない。

 

 コミュ障な人は自分ダメな奴だという劣等感に悩まされているかもしれません。しかし、劣等感は誰もが持っているものです。何か目標を持っているからこそ、劣等感に苛まれているのです。
 劣等感にどう向き合うかが肝心です。コミュ障な自分が嫌だから何とかしてやろうとバネに出来る人は、劣等感があっても問題ありません。
 コミュ障のままでいつづける理由は、環境のせいではありません。できない理由を探して努力から逃げているからです。

 

参考文献:アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

 

 

劣等感は誰でも持っている関連ページ

あなたが人生を困難にしている
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。
これからの人生を決めるのはあなただ
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。
育った環境はただの材料
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。
人は過去に縛られない
アドラーの名言にコミュ障の克服を学んでみましょう。