生きる力-コミュ障用語

生きる力

 「生きる力」とは、1996年に文部省の中央教育審議会が教育の目的の1つとして提唱したものです。

 

「生きる力」では、これからの社会を生きるために、次のような能力が必要だとしています。

  • 自分で課題を見つけ、自ら学び考え、主体的に判断・行動して問題を解決する力
  • 自分を律しつつ、他人を思いやったり、協調したり感動したりする豊かな人間性
  • たくましく生きるための健康や体力

 

 コミュ障の方にとっても目標とする生き方ではないかと思います。豊かなコミュニケーションをとれるようになるためには、他人を思いやり、正しい知識に基づいた自らの意志によって伝えることが大切です。そして、それが健康な体があってこそなのは言うまでもありません。コミュ障は治るとものと考え、前向きに生きていきましょう。

 

 

生きる力-コミュ障用語関連ページ

オンラインゲーム
オンラインゲームについて説明します。